社外品ゴムクローラと純正品の違い インタビュー Vol.2

実際に購入いただいた農家さんに純正品と社外品の違いを伺いました。

株式会社岩城町農園 前川 善隆さん

株式会社岩城町農園 前川  善隆さん 秋田県由利本荘市を中心に、原木椎茸栽培と稲作を営んでいます。現在では原木椎茸の生産者が少なくなっておりますが、昔ながらの栽培方法にこだわり、本物の味を皆さまにお届けしています。
http://iwakimachi-nouen.com

Q1. コンバインの足回り、ゴムクローラはどれくらいの使用期間で交換しますか?また交換のタイミングなどあれば教えてください。

A1. ゴムクローラの交換時期は、5年くらいですね。
ウチの場合は、大抵そのくらいでゴムクローラが消耗してきますので。
ひび割れやゴムの山が削れたり、ワイヤーが見えてくると交換のタイミングですね。作業中に切れてしまうと大変困ります。また自走できない場合、さらに追加で引き上げなどの費用がかかってしまう場合もありますので、そういったリスクを回避するために、早めの交換を意識しています。

01

Q2. 純正品と社外品のゴムクローラ、どちらをお使いでしょうか?その理由も教えて下さい。

A2. 社外品のゴムクローラを使っています。
性能は変わりはないのと、やはり値段の部分でしょうか。
純正品の半値くらいの価格で、耐用年数もほぼ一緒ですから、社外品を選びますね。
ウチくらいの規模でいうと、コンバインは一年のうち、一週間から10日程度しか稼動しません。
5年くらいで交換を考えますので、できる限りかかる経費は少ない方がいいですね。

 

Q3. 純正品と比較して社外品ゴムクローラの品質はどうですか?

A3. 交換時には、ゴムの硬さが多少気になりましたが、問題なく交換できました。
作業面では特に、純正品と社外品の差を感じることはありませんね。特に運搬車に関しては、使用頻度も多いのですが、消耗具合は純正品と同様だと思います。
コストパフォーマンスを考えるとやはり社外品が間違いないと思います。

02

Q4. ゴムクローラはどうやって探しますか?

A4. 主にインターネットで探しています。
適合表があると、自分の持っている機械のサイズから探して、じっくりと値段を比較検討できるのがいいですね。

 

Q5. ゴムクローラに求めることやゴムクローラを購入する決め手は、何でしょうか?

A5. 値段ももちろん検討材料ですが、販売会社さんの信頼性もサイトを通して見ています。
品揃えや国産であるということも大きな決め手でした。また、すでに購入している人のレビューや口コミも参考にしています。

03

ゴムクローラの通販ページ

私どもゴムクロワンが取り扱っております、建設機械・コンバイン・トラクタ・運搬車・除雪機用ゴムクローラは、東日興産製のゴムクローラで、純正品と遜色ない高い品質で、お客様より非常に高い評価をいただいております。品質に自信がありますので、製品保証も万全です。
また、大変リーズナブルな価格で全国へ送料無料でお届けしております。(一部離島を除く)
インターネット通信販売という、相手の顔の見えないお取り引きだからこそ、安心して購入できるように親切で丁寧な対応を心がけております。





 

ゴムクローラ通販ページはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す